研究テーマ‎ > ‎

PicoRover~車形のあなたの化身、リアル・アバター・ビークル~

MIMO-MESHプロジェクトで開発した、無線LANアクセスポイント「PicoMESH」は、設置をし、ボタンを押すだけで、無線LANエリア(WiFiエリア)をどんどん広げていくことが可能です。こうして作られた広域WiFi空間は、様々な応用を我々に提供します。

例えば、ロボット。

当研究室が開発した「PicoRover(ピコローバー)」は、車型のロボット・コミュニケータです。操縦者は PicoRoverが捉えた映像を見ながらPicoRoverを操縦することができます。同時に、操縦者の顔がPicoRoverに搭載されたラップトップPCの画面に表示されます。つまり、PicoRoverは、あなた自身、あなたの化身なのです。我々はPicoRoverのことをReal Avatar(リアルアバター)とも呼んでいます。

音声の双方向伝達も同時に行われます。画像、音声、操縦制御はすべて「PicoMESH」が作り出すWiFi空間内で WiFi通信により行われます。

でも、WiFiのカバーエリアは狭いのでPicoRoverの移動範囲は限定されるのでは・・・? そう考える方もきっと多いでしょう。

大丈夫です。複数の「PicoMESH」が一丸となり、広大なWiFi空間が作られます。エリアの拡大も、「PicoMESH」を追加するだけでOKです。 PicoRoverは常に最寄りのPicoMESHと自動的に接続を行う機能(これをハンドオーバと呼びます)を実現しています。ハンドオーバ処理は一般に大変複雑なプロトコルを必要としますが、これらの面倒な処理はすべて「PicoMESH」側が負担します。したがって、PicoRoverは驚くほど簡単に開発することができました。画像・音声の伝達処理には、Skypeを利用しています。特段のカスタマイズは不要です。

想像を膨らませば、PicoRoverは幾通りもの応用を提供できるでしょう。是非、PicoRoverを操縦し、そして「PicoMESH」が作り出すユビキタスブロードバンド空間の可能性を感じてください。